見えないのに、見えてきたもの

little girl standing on white background and pretending that hol
雨。雨。つめたい雨。

雨はとりたてて好きでもないし、さしてきらいでもないのだけれど、

以前よりは好きになったかもしれないなあとぼんやり思う。

1つのきっかけは、8月の霧雨が降る朝、窓ぎわに立って、ぼんやり遠くを望んでいたときのこと。

いつものように空を仰いでみても、白一色。

空の雲を眺めるのが好きなわたし。「つまらないな〜」と視線を下に落とす。

空の視界が悪いので、自然と、霧と街の境目あたりに視線がいく。

霧がつくりだすなんちゃって地平線のあたりに、不可抗力的に、ぼんやりと目をやってみる。

・・・あれ、

「ここから新幹線が走っているのがよく見えるんだな」

「あんなところに、看板あったっけ」

「百日紅の花木、あそこの公園にも咲いてるんだ」

見えないわりに、見えてくる。

見えないなりに、見えている。

よく見えるに越したことはないかもしれないけれど、当たり前に見えているときには気づかない、違う景色が広がってくる。制約されることで現れる境界線は、ときに新しい世界に気づくヒントを授けてくれる。

 

きこえないわりに、聴こえてくる。

きこえないなりに、聞こえている。

「ない」と「ある」はいつだって表裏一体。

きこえないからこそ気づける、些細な表情と心情がある。

 

ないと決めているのは自分だけ。あると決められるのも自分だけ。

そして、この「決める」力を引き出すのは ”Love my sense,” 自分の感覚を自分のものとして信じられる肯定感なのかも。

自己決定力やその先にある行動力は、自己肯定感に裏打ちされるのでは。

昨今、よくポジティブ心理学とかレジリエンスとかアドラー心理学とか取り上げられるようになって久しいけれど、その根底に流れている共通のビジョンは、「自分を好きになる(受けとめる/認める)」ことに尽きるんだろうなと個人的には思っている。

何かが足りない自分、がんばれない自分、なんだかんだ経験から学んでいる自分、どこかちょっと無理している自分・・・それぞれの人の中にいろんな自分がいると思うけれど、全部ひっくるめて「よくやってるね!(肩ぽん)」と自分で自分を褒めてあげられればいい。

それがきっと、自分を好きになる第一歩。まる。

 

今日のひとこと:

ホームページつくったばかりで、相変わらずわからないことだらけ。
今日は「サイトアイコン」とやらを設定してみた。パンの画像。美味しそう。笑
「タグ」ってなんだろう〜。

見えないのに、見えてきたもの」への4件のフィードバック

  1. さとる

    「ない」と「ある」はいつだって表裏一体。
    マイナスはプラス、聞こえないなりに、、、目は心を表す、等々、心に響くメッセージがたくさん。すばらしい。
    自然体のゆきさん、応援しています。

    返信
    1. 投稿作成者

      さとるさん、応援メッセージありがとうございます。
      他記事も含めて、早速読んでくださってとてもうれしいです!背筋が伸びます。
      自然体を失わずに続けますので、ぜひときどきいらしてくださいね〜。

      返信
  2. しの

    ゆ~きちゃん

    雨。雨。つめたい雨。

    一人で家にいると落ち着くなぁ。
    洗濯は出来ないし、掃除も張り切れないし。
    サボってもおっけーって、言われてるみたいだよ。

    見る角度や考え方をちょっと変えるだけで、
    違うものが見えてくる。
    でも、自分では自分に敏感になれなくて
    変えることに気付かないから、ゆきちゃんに
    気付かせてもらった気がするよ。

    今日のひとこと:
    もうちょっと自分に興味を持ってみよ~っと。

    返信
    1. 投稿作成者

      しーのさん、さぼっちゃいましょう!笑
      思いっきりさぼると、逆に、取りかかる気になるかもしれないですし。うしし。(ちなみに私は仕事さぼり中ではなく、本日はお休みです。うししのし)

      自分に興味をもつ、
      自分のきもちに向き合ってみる、
      自分の見方や考え方を意識してみる。
      四六時中それをする必要はないけれど、いつもより少し、自分のことを気にしてあげるっていいかもしれないですね!なるほど〜。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です