3つのよいことキャンペーン

image

靴を買った。どこ出かけよう〜。

靴購入後そのままの足で、その靴底に滑り止め付けてもらう調整に持ち込もうとデパートに寄ったはずが、デパ地下で食材買い込み三昧と化して、本来の用事を今頃思い出すという。(遠い目)

また、靴持って行かないと。(黄昏)

そういえば、先の温泉宿でも、トランプの神経衰弱勝負でビリだったし。

記憶力の低下が激しいわ…

とりあえず、神経衰弱ビリ脱出のためにゲーム必殺技ないかググってみよう。

安易だけど。いひひ。

 

というわけで、少し気分が暗くなってきたので、

ここで、本日の、3つのよいことを振り返ってみることにする。

その1)気に入ってるブランドで、店員さんの見立てで、秋冬に向けてぴったりの色の履き心地のよい靴を見つけられたこと

その2)アイスティーの氷なしをオーダーしたら、なみなみ注いだ状態で提供してくれたこと(他店だと、氷の分だけ差し引いた少量で出されることも多い)

その3)ジム退会に行ったら、手続きを担当してくださったフロントの方が、数年前の入会時にも担当してくださった方で、「YUKIさんあのとき運動するって燃えてましたよね〜!」「そうなんです、やっぱり運動してなんぼですよね!」と二人で入会するんだか退会するんだか訳分からないテンションに突入したこと

ふんふん。割といい日だったな。(単純)

 

この「3つのよいこと」は、心理学者の M.セリグマン博士が提唱する方法。

人間はもともと、ポジティブなこととネガティブなことがある場合、どちらかというとネガティブな要素に照準を当てる心理的な傾向がみられ、それをネガティビティバイアスという。

Happyなできごとより、Unhappyなできごとの方が記憶に残りやすかったりするのもそのため。

3つのよいことは、人間のもつそのような思考特徴を、意識的にポジティブ寄りにシフトするための行動療法ともいえるものだという。

たしかオリジナルの方法だと、「いいこと」を書き出して「その理由」も付記する、とかだったような。「いいこと」を導くことができた理由も含めて省みることで、また次のよいことスパイラルにつなげる目的なのだろうか。

興味のある方の参照用にとTED画像を埋め込んでみたけれど、セリグマンさんがやたらでかい。

なので、とりあえず、このブログの最下部に移動しました。笑

もし、この心理学の考え方に興味をお持ちの方いらっしゃればどうぞ。

 

気を取り直して、「3つのよいこと」に話を戻すと。

どうして、今日これを取り上げたか。

遡ればわたしがちょうど仕事が忙しくて、家と会社の往復で無味乾燥な日が続いていた時期。

「さてどうしたものか。鬱憤たまってるけど出かけにくいし」と思いめぐらし、

「気晴らしに、前に人から教えてもらったあれやってみよう。名付けて3よいキャンペーン。」ということに。

キャンペーンを始めたのは、9月1日。

そして今日(昨日)、9月21日。

スマホのスケジュールアプリに、「3つのよいこと最終日」と書いてある。

なぜ、21日間なのか。

それは、21日続けることが、習慣として身につくうえで1つの指標になるという話を見聞きしたから。これ科学的な根拠はなさそうだけど、10日だと短いし1ヶ月だとややハードル高いし、ちょうどよい感じ。

でもって、何事もなく最終日を安穏と迎えたような書き方をしているけれど、今朝このスケジュール内容を目にするまで、キャンペーンやっていたことすらすっかり忘れていた。

16日頃までは真面目にやっていたはずなんだけど、いつの間にか抜けるものですね。

仕事も落ち着いて、通常運転に戻ったから意識的に行うことが不要になったのかな、

と咄嗟にひらめくあたりが、ポジティブ人間の本領発揮か。

でも思い返せば、このキャンペーンは割に効果はあった気がする。

疲労がたまると、普段ポジティブに生きていても、どうしても心にも体にも澱(おり)が溜まってくる。それを、きれいな水ですすぐようなきもちになれたというか。

澱の存在は否定しないけれど、1日の終わりによいことを指折り振り返ることで、透き通った水で流していく感じ。

この方法は、澱(=ネガティブな人間関係やできごと)の存在は、無視もせず、かと言ってむりやり肯定もせず、というフラットな姿勢で一旦放置するのもポイントかもしれない。

変えられないことはそのままに、自分の「スタンス」「視点」「捉え方」「関わり方」を変えるということにつながる。

大きいものから小さいことまで「よいこと」へのアンテナを研ぎ澄ますので、見える世界も徐々に変わるし、そこからさらに、よいこと/そうでないことに対して捉える意識とその行動も自然と変わる、という期待効果があるんだろうなきっと。

思い出した都度でいいから、もうちょっとだけ、続けてみようか。

 

参考:マーティン・セリグマンのポジティブ心理学 in TED

 

3つのよいことキャンペーン」への2件のフィードバック

  1. まーちゃん

    「3つのいいことキャンペーン」いいですね!21日間というのも、絶妙な気がする。

    私はこれと同じようなことを2年半前、2013年の2月から毎日続けています。
    毎日といっても平日の通勤電車の中だけですけど。

    手帳を開いてペン持って、その時心に浮かぶ、「幸運だなぁ」「恵まれてるなぁ」と思うことだけを書く、という習慣。自己啓発系の本によく書いてあることだけど、これって心理学者が提唱していることなんですね。

    確かに、人って(自分もそうだけど)物事のネガティブな方にフォーカスを当てがちな気がする。
    例えば、体調が悪い時って、左脳が勝手にその原因を、自分の周囲の人間関係とか、置かれている状況に紐づけるそうです。原因はただ単純にフィジカルな疲れだったり、不摂生だったりするのにね。

    私はこの習慣を始めてから、体調が悪いとき、心理的な状態がイマイチな時でも、深みにはまり過ぎなくなった気がします。あとは単純に、運が良くなった気がする。ほんとに。物事はとらえようとは言うけど、それ以上のことがありました。

    課題は、この習慣は平日しかやらないから、休みの日はむしろ心が乱れたりすること。
    あと、効果は夜まで持続しないです。帰宅する頃はグダグダになることもあり。

    それでも、昔の自分よりは成長してるかなぁ。
    自分の心を、自力で良きもので満たすことって、ある種の筋トレだけど、その筋力は2年半分はついた気がするし。

     >澱(=ネガティブな人間関係やできごと)の存在は、無視もせず、かと言ってむりやり肯定もせず、というフラットな姿勢で一旦放置するのもポイントかもしれない。

    ほんとにそうですね。そういうことって放置して、別のことを考えた方がいいですもんね。
    ユキさんの書いているとおり、1日の終わりにもやってみます。清らかな水で澱を流します。

    返信
    1. 投稿作成者

      まーさん、こんばんは。そうなんです、自分的「ほにゃららキャンペーン」設定して過ごしてみるのけっこう楽しいですよ!明日からは「いつもより深呼吸キャンペーン」やってみようかと、今お風呂で考えてました。笑

      >体調が悪い時って、左脳が勝手にその原因を、自分の周囲の人間関係とか、置かれている状況に紐づけるそうです。
      →そうなんですね、たしかに何かに解釈したがる傾向は感じてました。もともとそういうのが好きだから考えがちなのかな〜と思ってましたが、人間の脳がもつ固有の「置き換え」なんですね。めもめも。

      体のトレーニングも大切ですが、同じように心もトレーニングすることが大事ですね。そこそこにがんばろうっと!
      いつも気づきが多いコメントをくださって、どうもありがとうございます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です