やせの筋肉質(ただしやせ寄り)

women

食べ物のおいしい季節。

ならば、自分もおいしい身体にならなくちゃね!ぷり尻ゴーゴー!

といういつものごとくよくわからない発想で、この10月から新たなジム通い開始。

今まで、いわゆるダンス系ヨガ系プログラムしか受けたことがなく、

基本的にマシンには見向きもしない人間なのですが。

30代もたけなわ、そろそろ意識的に筋力を付けておきたいなと、

心機一転、あえてマシンしかおいていないジムに通い始めてみた。続くのか。

 

入会初日は、先ずはじめに、身体測定。

わたしは、一言でいうと「やせの筋肉質(ただしやせ寄り)」らしい。

まだちょっとは筋肉残っているのね。安堵。

マッチョなお兄さんが次から次へとマシンの使い方を説明してくれて、

お兄さんの見本動作ののち、見よう見まねでやってみる。

「そうそう、いいですね〜」(親指)(たまに両手)と、満面の笑顔で励ましてくださる。

ありがたいんだけれど、案の定、途中から飽きてくるわたし。笑

初日は大したワークアウトもせず、さっさとお風呂で羽を伸ばすの巻。

 

少し身体を動かしたあとのお風呂って本当きもちいいな〜

たぶん、お風呂目当てに続きそう。

それにしても、チェックインをした後にジムエリアに行かないで、

そのままお風呂にだけ入って帰った場合は、

その動きはフロントにばれるのかしら・・・

とか早速考えているあたりが、やっぱりなまけものなんだろう。

ひとまず、お兄さんと「やせの筋肉質(筋肉質寄り)」を目指して

1ヶ月後だったか3ヶ月後だったかをめどに、今より5%筋肉量を増やす

ことになったので、有言実行、がんばります。

 

今日のひとこと:

ぷり尻って、英語でなんて言うのかなあ。
(めずらしく、本当にひとこと。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です