日別アーカイブ: 2015年10月20日

耳が鳴る

guitar

一日の終わり、補聴器を外してお風呂に入ってほわーんと弛緩すると、

待ってましたとばかりに 耳鳴りが始まる。

わたしも、もう慣れたもので、「ハイハイ。」というきもちでそれを聞く。

小さい頃は、あまりなかった気がするけれど、

耳鳴りをはっきり自覚し始めたのは大学生の頃かなたしか。

ひとり暮らしをはじめて、補聴器を付けずに生活する場面が増えたことも関係ありそう。

 

ちょうど、家に NHK「きょうの健康テキスト」があり、耳・鼻・のどの病気についての特集が。

耳鳴りについても載っているのでちょっと抜粋:

⚫︎耳鳴りの仕組み(2015年1月号 p. 55より)

1)耳に入る情報の減少
↓ 耳はさまざまな音を脳に伝えているが、難聴になると耳から入ってくる情報が少なくなる。

2)中枢神経の抑制が利かなくなる
↓ 耳から入る情報が少なくなると、脳の聴覚中枢にある神経細胞の興奮を抑えられなくなる。

3)一部の細胞が異常に興奮する
↓ 抑制が利かなくなることで、聴覚中枢の神経細胞の一部に異常な興奮が起こってくる。

4)耳鳴りが起きる

 

ほーー、なるほどなー。

耳鳴りって

いわゆる音が「きこえにくい」状態を、

外界からのインプットが「足りない」ものと解釈し、

内界でその不足を補おうと、神経細胞の興奮というかたちで活動を起こす。

そしてそれを「耳が鳴っている」と、身体で感じている状況なのね。

身体って、体内だけのメカニズムと思いがちだけれど、

無意識に外の世界とのバランスもしっかり捉えているところが面白すぎる。

それにしても、毎晩細胞が興奮しているらしいわたしの身体は大丈夫なんでしょうか。

お疲れ様です、わたしのからだへ。(深々)

 

大学生活を送っている頃、家で補聴器外してのんびりしているとき

ふときこえてくる「耳鳴り」は、当時音楽を聴いて楽しむ習慣を持っていなかったわたしにとってちょっとした「BGM」だった。

きこえないわたしが、唯一、補聴器を通さずに味わえる音、

それが耳鳴りだったから、なんとなくいとおしく感じていた。

本当は聴くための耳なのに、わたしの耳はそうじゃないんだなというさみしさも込めて。

(会社に入ってからはそうでもなかったけれど。

疲れていると、いとおしいどころかうっとおしい時もあるから。

まあどんなに耳鳴りがしていても眠気がきたらすぐ寝れるのび太体質なので!)

 

耳鳴りがすることを英語では、

My ears are ringing.

または、singingとかhummingと表現するらしい、いいね。

同時に、日本語の「耳が鳴る」という表現もけっこう好き。

わたしの個人的な感覚だけど、たしかに「歌う」というよりは「響く」ものなので。

ギターの弦を弾いたときに、内にこもるような余韻の響きがそれに近いかもしれない。

耳鳴り、とすっかり名詞化されたことばだけど、

耳が鳴る、とちょっと動詞にしてみるとことばの本質がそこに見えてくる。

たぶん、今夜もわたしの耳は鳴る。

 

今日のひとこと:

耳鳴りの醸し出す「音」をオノマトペで表してみたかったけど、うまく絞り出せず。
ぼーんでもなく、じーんでもなく、つーん、ぶーん、、、意外と難しいこれ。

まもなく開演

image

毎年、10月20日前後になると、どことなく血が騒ぐ。

ちょっとオオカミ男の気持ちが分かるような、分からないような。

この心持ち、なんでだろう?と思っていたら、そういうことか。

すっかり昔のことのようで、でもつい昨日のことのようにも。

大学の文化祭シーズン。

4年にわたって、ダンス部のみんなで上演したもろもろの作品。

衣装のタイツで足が滑って、文字通りすってんころりんしたのも懐かしや。

音楽から振付から衣装から照明まで、ぜんぶ自分たちで決めて楽しかったなあ〜

小さなステージだったけど、かけがえのない場所だったなああ(遠い目)

 

そして、歳月は流れ。

最近は、ちがうステージに立つ機会も増えた。

会社の会議場の演台や、大学教室の教卓。

大学での授業は数えるぐらいだけど。

不思議と、毎年この秋の時期に学生へレクチャーのご依頼を頂くので、

ちょっとだけ今までの経験ともつながっている気がしてうれしかったり。

ただ前と違うのは、話すということ。笑

 

わたしはつい最近まで、

話すのは苦手だから、なんとかスキルを身につけなきゃ、

そんな気持ちでいっぱいだった。

でも、

伝えたいことをしっかり伝えきる、それだけでいいんだなって。

ただし全力で。心をこめて。

 

育成に携わっていると、仕事でも学校でも、

How(どうやるか)を伝えて、理解してもらうことに気をとられがちだけど、

その根底にあるWhy(なぜやるか)やWhat(ではなにをするか)も

きちんと自分自身のことばで表現できるように。

What は What for にもつながるし、

know how だけでなく、根本のビジョンや実現したいことが伝わるように。

 

昨夜、担当の教授から連絡をもらい、

今年は1, 2年合同授業だとかでおおよそ200名規模のレクチャーとか。

しかもぐるりと見渡せる階段式教室とか。

ぐえ!(驚きと喜びの声)

普段、耳の話をする機会はそんなにないけれど

ちょっとずつ場が広がってきたなあ。

しかしダンスをしているわりにシャイなので(笑)

何度人前に立っていても、

「見られる」ことに相変わらず慣れない。

慣れないながらに、

もっともっと、ステージから「見える」景色を楽しむことができればいいな、うん。

さて、今年の授業はなにを伝えよう。

その前に仕事だ、行ってきます。