そろそろ

Sleeping labrador puppy with books

今日は朝から研修へ。

学ぶのは楽しいし、相変わらず好きなのだけど。

学びの場で社外の志高い仲間と出会い、コミュニケーションするのも充実しているのだけど。

でもでも

1日机に向かって理論を勉強しているぐらいなら、晴れていたら山に行きたいし、散歩もしたいし、友だちと会っていろんな話もしたいなあという思いもむくむく。

それか、今日は雨だったからやっぱり研修日和だったのかという思いもふつふつ。

 

研究生活でやり足りなかった分野の勉強を、復職後もゆるっと続けてきたけれど、そろそろ次のフェーズに行きたいんだなという自分自身への気づき。

で、次のフェーズとは。

新たな資格をとる。

新たな学位をとる。

新たな仕事をする。

どれだろう?

全部かな?

ここにはない予想もしてない出来事かな?

 

と書きながら、ひとつ、確信めいた予感としては、

「伝える」ことを強化していく時期がきているのかなという。

それは、現職での担当施策や大学でのレクチャーなど今すぐできることでもあり、

同時に、新たなフィールドに活動の幅を広げていくことでもあり。

今までの人生に感謝をこめて。

自分がやっていくという強い意思をこめて。

 

とりあえず、12月は旅に出る予定にしているので、

のんびり風を感じながら、自分の中に新しい風を起こせたらいいな。

いまここを楽しみながら、その都度やりたいことに取りかかれば何かひらめくこともあるだろう。

 

2014年は、混沌の年だった。

過去と現在と未来とが自分の中で複雑に入り組んでいた感じ。

どこかちょっと膝を抱えてうずくまっていたところもあり。

2015年は、気づきの年。

からだもこころも「原点」に立ち返り、無垢な自分に気づいた感じ。

2016年は、歩みの年、かなあ。

なんて表現したらいいのかわからないけれど、

今感じるのは、まっすぐ前を見て迷いなく進む自分。

向かい風も吹いているけど、まあ笑顔で楽しそうなので大丈夫でしょう。(全妄想)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です