「レインツリーの国」

Rain Tree

 

今日、レクチャーの中で学生さんにも紹介した映画、「レインツリーの国」。

授業の後は、東京へ新幹線移動していたこともあり、

なんだか、いきおい余って、

日本語字幕が付くのは12/5(土)以降だと知りつつも、観に行ってしまった。

原作となった本のストーリーもおぼろげながら記憶もあるし、

まあとりあえず観てみようぜと思い切って。

 

この「レインツリーの国」は、

有川浩さんの同名原作小説を映画化したもの。

感音性難聴のひとみ(西内まりやさん)と、健聴の伸(玉森裕太さん)の物語。

 

顔のアップも多いし、全編を通して穏やかな雰囲気で、わりと内容はつかめた。

でも、日本語字幕付いた状態でももう一度観たいわこれ。

なんていうか、一度でも十分な充実感ではあるんだけど、

個人的にいろいろ考えることもあり、自身の内観を深めるためにも。

普段、映画を複数回見返すことはほぼほぼない人間なのにね。過去にあるのはあとにもさきにも「チャーリーとチョコレート工場」の1回きりである。DVDも買ったぐらいなぜか好きだった。笑

 

感想は、またあらためてちゃんと書くつもりだけど、

今日、観終わったあとにまず感じたのは、

生きていると、毎日、細々(こまごま)とした出来事もあるけど、

ひととの関わり交わりと、そこに息づく愛の中で生きている/生かせてもらっている現在(いま)って、それだけで貴いことなんだよあ

というしみじみとした味わい。

映画が終わって、街中を歩きながら見かけるすべてのひとのなにげない会話だったり表情だったりがなんだかほほえましくて。

今日は、日中、学生さんからあたたかさをもらい、

夜は、映画レインツリーから、なんともいえない心地よさを受け取り。

はーーーーー(大の字)(深呼吸)

 

ちなみに、個人的に興奮してしまったポイント。

伸が聴覚障がいについて知ろうと、関連の本を読み漁る場面。

図書館でも家でも映っていた一冊が、よく知っている書籍だった。

聴覚障害の心理」だったかな。

わたしの研究テーマ:きこえない人のアイデンティティについても触れている。

20歳頃のときに大学の図書館かどこかで見つけて、聴覚障害者のアイデンティティの考え方をはじめて知って。その後の自分の研究テーマの方向性づけや論考の起点となったともいえる一冊。

すぐに『あ!』と気づくあたりが、われながらマニアックである。笑

 

 

「レインツリーの国」」への2件のフィードバック

  1. しの

    ゆーきちゃん

    だいぶ遅くなったけど、レインツリーの国を読みました。
    前から気になっていたんだけど、最近スローペースの生活をしているので
    何事ものんびりです。
    図書館通いで発見して今になって借りることができました。

    うーん。。。私は浅かったな。
    ゆきちゃんと出会った頃、特別なことは考えてなかったの。
    もっとふか〜く考えればよかったなぁ。
    あの頃は、ただただゆきちゃんが可愛くて〜(笑)

    しかし胸キュン物語はいくつになってもほんわかするね〜♪
    しばらくこの手の本を読んで胸キュンしよっと!

    返信
    1. 投稿作成者

      しのさーん!

      コメントありがとうございました、ひゃー返信遅くなってごめんなさい。

      レインツリーの国、原作読まれたのですね~。この11月は、映画DVD観たよ、と声をかけてくれた人もいて、都度ほっこりしてます。むふふ。

      そうですねえ、なんていうか、きこえないことは、たしかに大変だし不便ですけど、でも全然不幸ではなくて。むしろ、わたしは、本当に人とのご縁に恵まれていて幸せな人生だなと感じています。
      しのさんは、浅いどころかとってもあたたかくて深くて楽しくて、自慢の先輩ですよ。心から。
      入社当時のチームも最高でした! わーなつかしいですねえ。笑

      最近、小説は東野圭吾さん以外は全然読んでなくて、何から手をつけようかな状態なので、面白い本あったらぜひ教えてください☆

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です