成城三長老を想う

image

今日は、赤坂に外出。

赤坂見附の駅を出ると、目の前には銀杏に彩られた道が。

鮮やかな黄色に、一気に目が醒める。

 

ふと、少し前まで住んでいた、成城の街並みがフラッシュバックする。

大銀杏のおじいさんたちは、お元気だろうか。

銀杏並木の中でもひときわ目立つ、三本の木があって、

街を見守るように、ふわっと枝を空にめぐらしていた。

ふわっと、だけど迫力もあったから、ふぁーっと、という描写のほうがしっくりくるかなあ。

友人のひとりは、「トトロが好きそうな木だね」と言ってた。わかる。

そんなわけで、自分の中では勝手に、成城三長老と位置づけていた。

 

風が吹いて枝が揺れる姿は、長老同士の穏やかな会話。

雨が降って水をまとう姿は、各自で安穏と沈思黙考。

日が差して光を浴びる姿は、今この瞬間を生きる歓び。

そんな大銀杏の佇まいに、いのちの輝きを見ていた日々。

 

仕事で疲れた夜も、寝不足で眠い朝も、週末のんびり散歩の昼下がりも、大銀杏のおじいさんはじめ、街の木々や草花に見守られて過ごした8年間だった気がする。

家の近くにあった若い銀杏の木も、また一段と伸びているのかな。

今も変わらず、きちんと剪定してもらっているだろうか。

郷愁感をもって思い出せる場所が、気がつけばまたひとつ。

歳を重ねること、歳月を重ねること。

 

時は移り、

今の家に向かう夜道、南の空にオリオン座がくっきり。

たとえ月が照らしてても、星座が分かる、空気の冴え具合。

もうそんな季節になったんだなあ。

明日からは師走。

あーーー、なんか、いい一年だったな!(伸びをしながら)

まだ終わってないけど。。笑

2015年は、私的には再起?奮起?の年だったので、12月は自分を労い労わる期間ということにしようと今決めた。ヨシ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です