こんな私でいい。

panda

ちまたの、オシャレなブログみたく、

セクシーで可愛い女の子の写真でも使おうかと思いつつ、

毎度こういうのに落ち着く。

かわいいねパンダ。

うれしそうパンダ。

 

今がいい、今でいい。

私がいい、私でいい。

こんな今がいい、こんな今でいい。

こんな私がいい、こんな私でいい。

 

『人を好きになるには、まず自分を好きになる』

『周囲のひとを大切にできるのは、自分を大切にできているひと』

とか耳にすると、

まあそりゃそうだよな〜と思いつつ、

どこかで、

いや、なんかそれめんどくさいわ(大の字)

とひっくり返りたくなる。

 

いまのわたしは、

べつに、自分のことを好きになれなくていいと思う。

もともと好きならそれでいいけど、

なんか好きでないなら、それは無理して好きになる必要はない。

 

1年前のわたしは、

やっぱり、ひとは、自分のことは好きにならないとと思っていた人間だけど。

でもぶっちゃけ、なんか、自分のこと好きになれないならそれはそれでいいかもね、と思える今のほうが、本音で生きられるようになってきたような。

うん、べつに、自分のこと大好きにならなくてもいい。

わたし自身、

5年前のいまと比べると、

もう自分のこと大好き!ついでにまわりも好き!

とは思えなくなってるんだけど

ふしぎと、自分のことを無条件に好きではない今のほうが、気持ちが山のように落ち着いている。笑

好きでない自分の一部も抱えながら、でもやっぱりけっこう好きかもな、ぐらいの淡々とした感覚が不思議と心地よいというか。

 

へんなたとえで申し訳ないけど、

好きでないナスを、『美味しい!』と偽って食べる必要はない。

小学生の頃、

うーん好きになれないなあと思いながら、

それでも母が大好物なので、食卓に並び続けるナス。

昨日見たばかりなのに、また会ってしまうナス。

笑いながら、でも割と本気で、もう見たくない〜と思うぐらいには苦手に。笑

そうして月日は流れ。

ある日、身体に異変が。

それは、「ナス、食べたい」という欲求。

ええええなんでだ。

戸惑いながら、食べてみると、たしかに美味しい。

食べたくなる日が突然くる。

キライを克服したのではなく、

スキな気持ちが、苦手を上回る瞬間がある。

 

ナスに限らず、自分のことについてもきっと同じ。

好きになれないなあと思いつつ、

好きになろうとするのは苦しい。

自分が苦手なことがあって、うまく出来ないときも同じ。

うまくやれないなあと思いつつ、

なんとかしようと頑張るのは苦しい。

 

なぜ苦しいか?

それは、

「できない」「やれない」というきもちと、

「ならなきゃ」「やらなきゃ」というきもちを、

同時に回しているから。

 

だから、いっぺん、預ける。

「やっぱりナス、そんなに美味しいと思えないよねうん」

と割り切ったように、

「ああそうか、わたしは自分のこういうところ好きになれないんだな。了解。」

「うん、自分のこういう態度、どうにかしたいと思っているんだな。おっけー。」

「できない」「やれない」、そんなきもちをいっぺん受けとめて、了解!オッケー!としてみる。

預ける、といったけど、

諦める、観念する、という感じにも近いかもしれない。

ナス、無理だわ、と静かに箸を置いたときのように。笑

開き直り、ともいえるのかな。

 

そうして、

「じゃあ、どうしようか」

「さて、なにしよっか」

そんな感じで、次の行動に目を向けてみる。

感情をいっぺん受けとめているから、

懲りない自分を楽しむ感覚に変わるというか。

 

まずは、浮かんだ感情を素直に広げ、見つめ、受けとめ。

一呼吸おいて、

なにができるかな、と見渡してみる。

もちろん、

感情を認めるのに時間がかかることもあるだろう。

しばらくはうずくまってたっていい。

むりして、手を伸ばす必要もない。

でも、いつか立って、歩きたくなるときはかならずくるから。

 

「なんだ、こんな私でいいんだな」

そう思えると、そんな自分に、素直に『ありがとう』と言いたくなるから不思議だねえ。

 

今日のひとこと:

この、感情を認めるお手伝いをするのがカウンセリング、

立って歩きたくなるお手伝いをするのがコーチング、

そういうことなのかなあと、今なんとなく少し掴めたような。

 

 

こんな私でいい。」への2件のフィードバック

  1. りんりん

    ゆ さん、
    こんにちは!ちょっと前から読ませてもらっています。ちょっと時差ありますが「こんな私でいい。」凄く好きです^ ^
    自分で自分を好きになれずに誰が好きになるんだ!と思って一生懸命自分の嫌な部分を認めようとしてたけど、頭と心が一致した時に、自然と受け入れられればいいんだーとしっくり納得しました。自然体が一番ですね^ ^

    返信
    1. 投稿作成者

      りんりんさん、こんにちは。コメントありがとうございます!
      ほんと、自然体がいいですよねー。
      自分を好きになる、てことばでいうとごく当たり前だけれど、実はけっこう大きなテーマですよね。いやならいやで、先ずそんな気持ちを認めてあげる。「そっかいやなんだな」と腑におちると、その瞬間、不思議とそんな自分が好きになれる気がするから、人のこころって面白いもんですなあ^^ わかることと好きになることは、必ずしもイコールではないけれど、とても近いんでしょうねきっと^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です