かしわ餅を食べながら

image

昼食を終え、

かしわ餅にかぶりつくわたしに、

母が言う。

「ねえ、なんでかしわの葉なのか、知ってる?」

いやあ、知らない。

 

母、続ける。

「かしわの木って、新芽が出るまで、葉が散らないんだって。

子どもが育つまで待つから、縁起がいい、ということで(子どもの日にかしわ餅を)食べるみたいよ」

むしゃむしゃ食べながら、なるほどーそうなんだねと相づち。

「親の愛だわねー」

と誰に言うともなしに、しみじみ語る母。

うん、分かっているよ、母。

と思いながら、2個目のかしわ餅をむしゃむしゃ。

 

そういえば、

千葉県柏市も「かしわ」の木ゆかりの街なんだろうか。

(柏の木は、その生態から「子孫繁栄」ということで、その昔武士が重んじたらしいですね。地名:柏市も、名字:柏木さんもそんな願いが込められているのならなお面白いなあ。)

だとしたら

住む人たちはみんな

ものすごい親子愛に溢れちゃうのかしら

なんてどうでもいい思考回路がいま働いた。

 

あー

ゴールデンウィークも後半に入ったのか。

ずっと働くのは苦しいけど

ずっと休むのはすごい楽だな。るんるん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です