Half full or half empty?

kame

ここ1ヶ月のあいだに読んだ本は

著者もジャンルもばらばらな10数冊なのだけれど、

数日前に読んだ本にも取り上げられていたし、

今日読み終えた本の中でも触れられていた

あるフレーズが。

 

Is the glass half full or half empty?

 

この秋、講演会などの場で聞いたのも含めると、

これで三度目だな。

いや、ざっくり聞き&斜め読みなわたしが気づくぐらいだから

本当は四度五度目ぐらいなのかも。笑

 

これはご存じのかたも多いかもしれないけど、

コップに半分まで水が注がれていて、

それに関する問いかけ。

わりとよく知られているらしい。(よく知らなかったわたし)

 

「このコップには、半分入っていますか?

それとも、半分空っぽですか?」

 

そのときに

半分も入っている、と思うか

半分も空っぽ、と思うかの違いは

つまり

同じ物事でもいかようにもとることができるとか、

ポジティブに受け取るのもネガティブに捉えるのも自分次第、

といったメッセージがあるのだけど。

 

数年前のわたしなら、有無を言わさず

フル!フル!(能天気)

と答えていたと思う。

 

今はどうかなー

空っぽでもあるよなあと思案したのち、

(The glass is) just half-watering.

なーんて思うかもしれないな。

 

ふあー

なんだかお疲れ気味なので、

思う存分ふかふかの布団にくるまって

昼夜問わず寝ていたい気分。

ますます秋ですね。(まとめた)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です