どこまでもいのち。

kirakira_eda

言わずと知れた、

木が大好きなわたしですが。

 

わりと知られていないのは、

冬の木がけっこう好きだということ。

ふふふ。(怪)

 

まっぱだかの、潔さにしびれるのかな?

粛々と寒さに耐え忍ぶ、我慢強さを尊敬するのかな?

来る春に向けて、日々蓄える眩しいエネルギーに嬉しくなるのかな?

 

どれも正解。

 

そしてもうひとつ、

わたしが冬の木が好きなわけ。

 

それは、空を見上げたときにとくに感じいる。

空の隅々までめいっぱい張り巡らす繊細な枝たち。

どこまでもいのちに満ち、

どこまでもいのちを満たす、

一所懸命に生きるそのすがた。

 

その佇まいに

青々と葉を茂らせる季節とはまた違う、

木の凛とした生きざまを感じるのです。

 

冬の空の下、

どこまでもいのち。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です