ヒリヒリ、3月、愛。

Small Dock and Boat at the lake

 

母「なんだか(顔の)肌がひりひりするわねー」

私「うん、ちょっと渇くねえ」

母「もう、春なんだわねー」

 

冬のカラカラな感じとも違う、

春に移り変わる季節特有のヒリヒリ感。

 

3月の、

まるっと明るくはないのだけれど

雲の切れ間から徐々に

まばゆい光が射し込ような

あのじれったい感じ、

好きだわ。

 

夜明けなのに夕暮れのような、

ほのかにやさしい光に包まれつつも

ふとしたら闇の帳(とばり)に戻りそうな

なんともつかないひととき。

 

3月って、そんなにおいがする。

 

そんなことを思いながら、

お風呂あがり、渇いた肌にいつもより多めに化粧水をひたひたと。

手のひらの湿度と体温を感じながらの

このひととき、至福。

 

そういえば、金曜日は耳の日だったなあと思いながら、ついでに耳にも潤いを。

うーんこれまた、至福。

 

どんなときも、

わたし自身が、

わたしのからだとこころを

一番に愛している人間でいたいなとつくづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です