カテゴリー別アーカイブ: Memorable moment_かけがえのない瞬間

旧暦新年

fujisan

迎春。

 

新暦新年も好きだけど、

旧暦新年はもっと好きかもしれない。

2017年は、1月28日が、

旧暦の元旦にあたる日だったんだよね。

 

風に薫るほのかな春の訪れと同期する、旧暦のお正月。

はじまりを告げる、柔らかな陽のひかり。

新たな旅立ちに向け、何もかもが緩やかにほどけてくる季節。

 

本格的な春はまだ先だけれど、

たしかにその先に控えているダイナミックな息吹きを感じられて

期待と嬉しさになんだかわくわくしてしまう。

 

ぐっと冷え込む冬のさなかに迎えた新暦新年のあと、

きもちゆったりと、身も心も少しずつほどきながら迎える旧暦新年。

ダブルでめでたいね、いいねいいね。

 

というわけで(?)

母の誕生日祝いも兼ね、

1.5日のお休みをいただいて行ってきました、

お伊勢さん。

たまたまながら、大安の朔日(ついたち)詣ともなり。

うーんきもちよかった。(大きな欠伸をしながら)

 

伊勢は何度か訪れているけれど、

前回訪れたのは、たしか式年遷宮のちょっと前。

なので、遷宮が行われたあとの

新しい拝殿に詣でるのは今回がはじめて。

 

なんていうか、

「改める」「改まる」ってすごいなあと。

わたしたちが以前詣でた場所には、拝殿はもうなくて、

お隣の敷地に、何事もなかったかのように鎮座されており。

 

場を変えること

ステージが変わること

そこに立つ自分が変化していること

そんなことを、いつも以上に感じながらの参拝でした。

 

それにしても。

何かを変えよう(もやもや)とか、

なんか変わりたい(うずうず)とか、

そんなきもちが

ふと芽生えるということは、

そのあと

目に見える変化が一見して起こらなくても、

もうすでに、

目に見えないレベルでは少しずつなにかは変わっているのかもしれないなと。

 

変わりたいな、と思う気持ちがよぎった時点で

「日常」はもはや「日常」ではなくなるから。

 

普段の生活に違和感が膨らむ人もいるだろうし、

アンテナ(チャンネル)が違う所に向くこともあるし、

好きなことorきらいなことが以前と異なってくることもあるだろう。

 

新たな未来に意識が向かうと、

自分(のこころ)には

もう以前とは違う変化が起こっているわけだから、

遅かれ早かれ

今ここでの、人との縁や居場所や取り組むことに小さな変化が生まれはじめるわけで。

 

だから、

変わりたいなと漠然と思うときに、何をするか。

 

それは

 

「変わることを決める」

 

それに尽きるんだなあと。

 

それを加速させたければ、

 

「自分は変わる!」

 

これを、強くつよく肚に決める、それだけ。

 

生きるって、

いろいろ考えはじめると複雑そうだけど、

とことん突き詰めるとシンプルなんだなって、

そんな原点に立ち返った伊勢旅行でした。

 

母へのささやかなお祝いが

自分にとっても英気養えたひとときに。

 

「改めて」気持ちの引き締まる、すてきな時間と空間でした。

おかげさま、お伊勢さま。(合掌)

 

2017. 1. 1

otoso

明けました、わっほー。

 

おもちを焼いて、

おせちを食べて、

わいわいゲームをして、

富士山眺めて。

 

また

おもちを焼いて、

おせちを食べて、

わいわいゲームをして、

富士山眺めて。

(以下続く)

 

うーんお正月だね。

いま、新しい年を迎えられたことに感謝。

 

また新たな日々。

 

今年はこのブログも、

短くてもいいから、

整えてまとめることよりも

まめにゆるく綴れたらいいなあと!

 

おせちも、お豆、いっぱい食べたし万端です。

まめまめまめまめまめ(呪文)

 

旧年中はお世話になりまして、ありがとうございました。

本年も、よろしくお願いいたします。

 

三輪山はやっぱり大きかった。

ぎゃー、1ヶ月ぶりの更新。

 

こんにちは。(まず挨拶から)

 

気づけば、年の瀬はもう目の前に迫っていて

11月もまもなく終わろうとしていますね。

はやい。

 

かと言って、

毎日がうすーいわけではなく、

一日いちにち、何かしら気づきや変化を感じている

濃ゆい日々でもあったり。

 

この11月、印象に残っていることを挙げるなら

・三輪山にのぼった

・今年も、大学で授業をした

・「君の名は。」を観た

あたりかな。

 

今日は三輪山のはなしを。

 

三輪山は、奈良にある大神(おおみわ)神社の御神体とされる山。

通常の神社は、

鳥居があってそこからご神域となり

参道を通って

途中お手水所で口と手を浄め

拝殿にお参り

といった流れが一般的だけども。

 

三輪山参拝は、

まずふもとにある摂社「狭井神社」で受付を。

受付をすると、

登拝者の証明として襷が渡される。

首から下げて、のぼってくださいとのこと。

 

あと

登拝中のルール説明を受ける。

 

水以外の飲食禁止。

撮影も一切禁止。

ほう。

 

午後4時までには下山報告が必要らしい。

ほほう。

 

登山口となるふもとの鳥居の横には、

体をみそぐための玉串(白い紙がふさふさ付いた棒)があって、手に持ち左右に振って浄めを。

あと、竹の棒もそなえてあって、「道中のサポートにどうぞ」的なメッセージが。

ほほほほう。

 

 

そして山道はけっこうな勾配。

トレッキングシューズで正解。

修験僧の真似なのか、裸足でのぼっているひと何人か見かけたけどすごいわ。

案外きもちいいのかな~。

 

せっせとのぼる。

途中からは

ぜーはーのぼる。

 

なんていうか、

前に歩みを進めるために、

ムダなものは全部削ぎ落とすぐらいの心境で。

 

大きな存在(山)を前に

自分が思った以上に重くて大きいことと、

自分が思った以上に軽くて小さいことを、

交互に感じながら。

 

小さくたっていい、ありのままでいい。

いのちあるだけで、無条件にわたしは大きい。

そんなことを感じ、

また感じさせて頂きながら。

 

そして、三輪山のてっぺん。

登れたことの感謝を込め、手を合わせる。

 

いつも神社を訪れて感じるのは、

参拝して手を合わせるときの

自分の手のひらのぬくもりと、

合わせた瞬間左の手のひらと右の手のひらを通ってめぐる優しいいのちの流れと、

目をつむったわたし(たち)を取り巻く澄みわたる風のなんともいえない心地よさと。

 

うやうやしさと、ういういしさのコラボ。

日常生活ではなかなか味わえないきもち。

 

もしかしたら、

これを感じて、また歩むために、

わたしは神社に足を運ぶのかもしれないなって。

 

そしてそれは

今回の三輪山でも同じように感じたけど、

のぼったあとだからか、その感覚もひとしおで。

 

なんていうか、

また生きていく覚悟を頂きました。(合掌)

 

2時間ジャストの三輪山滞在だったけど、

なんだか

今このタイミングでのぼれてよかったなあと。

 

そんなすがすがしい気持ちを、

今日のブログの写真に込めてみたけど

伝わるでしょうかうししし。

 

そういえば、

三輪山登拝(下山)あとに友人といただいた

ハンバーガーのとてつもなく美味しかったこと!!

奈良行ったら、またここも寄りたいなあ~。

英気を養えた弾丸旅行でした、感謝。

 

 

 

 

どんぐりてりてり

acorns

週末、

神社の境内でふと拾い上げたどんぐり。

ご神域だからむやみに採ったり捕ったりはしないことを理解しつつも、

なんだか無性にかわいくて、

一粒だけ『いただきます』と持ち帰ってきたどんぐり。

 

まだ緑がかった、よくいえば翡翠色の照りをしたどんぐり。

自室の棚にころんと転がしておいた。

 

今朝、

身仕度をしながら、

小さくて丸いものがなんとなく視界にはいる。

ん?

そうだどんぐり。

んん?

きれいな茶色に変わってるー!(喜)

 

いつの間に、このこの。

なんだかいのちのパワーを感じて、

朝から幸せな気分になったのでした。

 

同時に、

人間であるわたしにとっては

この間「3日間」という時間だけど、

どんぐりにとっては

単純に「色づき完了した」時間でもない空間でもないただの変化

なのだなと気づく。

 

うまく言えないけど、なんかいいな。

どんぐりの、生き方、生きざまだね。

さしずめ、

概念のなかに自分を押し込むのではなく、

自分のなかにいろんな概念が生まれるかたち。

 

どんぐりころころならぬ、

どんぐりてりてり。

 

今年もきんいろの木に

nonametree

昨日金曜日の朝。

いつものように

駅までの道をてくてく。

 

道ばたの雑草的草花が

通りすぎた車が起こした風に一瞬そよぎ

まるで首を振るかのようにゆらゆら揺れたり。

どの木もどの草も

生えたての新しい葉があって

緑のなかにも初々しいやわらかい緑にみとれたり。

 

あまり寝起きはよくないので

ぼーっとしている朝だけど、

自然を目に入れながら鼻で味わいながら

少しずつわたしのこころもからだもあたたまっていく。

 

ふと。

鼻をくすぐる甘い香り。

 

ん?

あ、

きんもくせいだ!

 

うおっほほほとなぜか少し興奮しながら

思わず姿を探して目をきょろきょろさせてみるも、

視界には入ってこない。

歩を進めながら、わー久しぶりに嗅いだなあと嬉しくなる。

なにせ今週は鼻水ノンストップウィークだったから余計にね。余談だけど。

 

通常、草花のにおいは「香る」と表現してるけど、

きんもくせいって、そこにはまらない少し独特の佇まいがあるような。

「薫る」がふさわしいようなそんな感じ。

小学生?の頃に読んだ湯本香樹実さんの本だったか、

きんもくせいのことを

『きんいろの木』とたとえている場面があって。

「うん、たしかにきんいろの木だー」

と嬉しくなった覚えが。

あれはなんの本だったかなあ。

 

きんもくせいといえば。

 

生まれたときから参拝している地元の神社に、

天然記念物のきんもくせいがある。

なんでも最高齢のご長寿きんもくせいなのだとか。

あるというか、いらっしゃる。(敬語)

 

そのきんもくせいが花を付けるのが、毎年9月半ば頃。

そして、毎年すこし間をおいて、

二度目の開花があるようだけど

母いわく、「今年はどちらもいつもより一週間ぐらい早かったわねえ」と。

 

毎年こんな風に

天然記念物きんもくせいさんの話題がでて、

ああ今年も秋が来たんだなって実感するんだよね。

参照: 金木犀だより

 

そして

今日土曜の朝。

なんとなく目覚めがよかったので、

いつもの朝食時間の前に

ふらりと散歩に出かけてみた。

 

昨日薫ったきんもくせいのことが頭にあったので、

自然と足はてくてく神社に向かう。

 

鳥居をくぐると、

ちょうど、今日式を挙げる和装の新婚さんが

参道で記念写真を撮ろうとしている。

「おめでとうございまーす」

と言いながらいそいそと横を失礼して。

池の中にきらりと光る金色の鯉に

おやおやと見とれていたら、

いつの間にか近くにいた鳩に出くわし

ひとりびびったりもして。(鳥苦手)

 

いやー

人の少ない境内は気持ちがいいですね。

清浄な空間に、身もこころもすっきりとした気持ちで

手を合わせさせていただき。

そして、いそいそときんもくせいさんの元へ。

 

なんていうか、

ここのきんもくせいは御歳1200さいだし、

花も葉も枝ももうパワーは少ないかもしれない。

 

でも、周りにいわゆる子どもたち、孫たちも育っていて

とてもあたたかくて優しい表情をしているような。

それでいて、

真摯に生き続けている威厳なのか重みなのか、

思わず頭を下げたくなるような眩しさも。

 

まさに、きんいろの木だね。

たとえていうなら

おじいちゃんのしわくちゃのあたたかい手のような

そんなエネルギーかなあ。

 

この姿をみるたび、

いのちをつむぐこと、

いのちをつなぐこと、

いのちを生きること、

大事にしたいなあといつも背が伸びるのです。

 

10月も下旬。

だけど思いがけずきんもくせいの薫りに、

そしてその姿に、癒され、力をもらった。

 

聞こえが悪いとそれだけで気持ちも落ちるけど、

なんだか自分のなかの「いのち」に

あたたかい風を吹きこんでもらったような気持ち。

ありがとうございます。

一歩、一歩、自分にうそをつかずにまた一歩。

うし。

 

この遠い道程のため

zebra isolated

僕の前に道はない

僕の後ろに道は出来る

ああ、自然よ

父よ

僕を一人立ちさせた広大な父よ

僕から目を離さないで守る事をせよ

常に父の気魄(きはく)を僕に満たせよ

この遠い道程のため

この遠い道程のため

 

(高村光太郎 「道程」 1914年)

 

ふと脳裏をよぎった、

高村光太郎さんのこの詩。

なんだかもっと調べてみたくなって

ちょちょいとぐぐってみるの巻。

 

大正3年に発表されたこの詩は、

もともとオリジナルとなる原詩が発表され、

その数ヶ月後に、よく知られたこの冒頭バージョンが公開されたらしい。

原詩はぐぐると出てきますが(適当)

その出だしはこんな感じ。↓↓

 

「道程」           高村  光太郎

どこかに続いている大道を僕は歩いているのぢやない

僕の前に道はない

僕の後ろに道は出来る

道は僕の踏みしだいて来た足あとだ

だから 道の最端にいつも僕は立っている

 

何という曲がりくねり  迷い  まよった道だろう

自堕落に消え  滅びかけたあの道

絶望に閉じ込められたあの道

幼い苦悩に揉みつぶされたあの道

 

振り返ってみると  自分の道は  戦慄に値する

支離滅裂な  またむざんな  この光景を見て

誰がこれを生命の道と信ずるだろう

それだのに  やっぱり  これが生命に通ずる道だった

(後略)

 

なんかもう、

やっぱり言葉を紡ぐ世界はすごいね。

 

道は、足あと。

足あとは、道。

 

生命の道。

生命に通ずる道。

 

今のわたしが『道』ときいて思い浮かぶのは、

2015年の師走、

自転車でひた走ったオーストラリアのあの道

 

迷って島内の同じところをぐるぐるしたし、

きつい坂を前に背負った荷物も自分の体重ものしかかってきて窒息しかけたし、

全身から湯気が立ち上る暑さに水がおいしすぎたし、

雲ひとつない青空のした、

ああ生きてるんだなー

ああわたし幸せだなー

と風に吹かれながら、

ただ今この瞬間のいのちを味わうことを知った。

 

いのちといえば、

まもなく、

家族だった愛犬の命日。

 

10月あたまの新月の深夜、

しーちゃんは息を引き取った。

15年の生涯の最後の日々、

生き抜くってこういうことなんだ

という姿を見せてくれた。

 

本当にまったく動けなくなった数日は、

いっぱい抱っこもした。

今もこの手のなかにあった、

ふわふわの毛と

あたたかな体温と

たしかに脈打つ心臓と

荒いながらもどこか静かに繰り返される呼吸と

それに合わせて上下するピンクのかわいいお腹と

・・・

 

今も思い出すと悲しいしさみしいけれど、

しーちゃんはあのとき、

生きることの原点を

小さなからだで目一杯伝えてくれたんだと

信じている。ありがとう。

 

生きること、

息をすること、

地に足を踏みしめて立つこと、

一歩一歩、無心に、前に歩みを進めること。

 

あーよかったな、ちゃんと思い出せて。

生きることの原点、いのちあること。

そして、いのちを躍動させるのは自分自身の決意に他ならないこと。

 

いのち、呼吸、あるく、生きる。

いのち、鼓動、出会う、生き抜く。

いのち、躍動、すすむ、生きた。

 

道の最端、次はどんな景色が見えてくるだろう。

 

つなぐ記憶、つむぐ記憶

sunflowers

小さい頃のこと。

「好きな花はなに?」という質問に、

「ひまわり」と答えていたわたし。

 

どうしてひまわりが好きなのかなんて、

あまり深く考えたこともなかったのだけど。

 

そっか、

だからわたしはひまわりが好きなんだ、

とその理由に気づいたのは、小学6年生のとき。

 

きっかけは、中学受験。

学科試験と面接試験があり、

面接でお目にかかったシスターにこう訊かれた。

「あなたの好きな花と、その理由を教えてください」。

 

当時のわたしはいつもの通りに、

「わたしの好きな花は、ひまわりです」

とまず答え、そして、こう続けた。

 

「好きな理由は、茎が太くまっすぐ伸びているからです。ひまわりを見ていると、わたしもこんな風に芯が通った人になりたいなと思います」

答えながら、

どこかで冷静に「あー、だからなんだ」と小学生ながらに納得していたのを、ついこのあいだのことのように思い出す。

しかし、花ではなくて、茎に注目するあたり、

やっぱり昔からあまり変わってないなー。

ほんのちょっと、他の人と見る場所が違うところ。

たとえば春の桜も、花も好きだけど、葉桜も大好きだし。

 

あれからウン十年。(笑)

相変わらずひまわりが好きで、

街中でひまわりを見かけると思わずにっこりしてしまう。

にっこりというよりは、にやりに近いかもだけど。(怪しい)

 

以前このブログでも書いた、

秋の冷え込む日に一生懸命咲いていた

会社近くの区立駐輪場の一角のいのち。

 

あの日のひまわりはもういないけど、

今は同じ場所に次のいのちがすくすく育っていて、

これから咲き頃を迎えそう。

 

さようならと、はじめまして、こんにちは。

わたしたちのなにげない生活は、たくさんのやさしいいのちに彩られ支えられているんだなあとつくづく。

 

はじまった日

image

ドミノ。

 

指のきもち。

『うー、早く押したい!』

『でも、やっぱりまだこわい…』

『いよいよかな?もういいかな?』

 

ドミノのきもち。

『くる?くる?』

『ひゃー、どうしよう。まだ心の準備があああ』

『はやく押してくれええ』

 

というわけで(?)

はじまりの日

と題して始めたこのブログも

はや234日目。

のんびり気まま更新から、少し気合い更新に切り替えます。

 

やっと動かせた指。

はじまった日。

 

『どうしよう、押していいのかな』

『いやーまだタイミングではないかも…』

なんて、指のきもちになってばかりの日々だったけれど、

とりあえずやってみよう(= 押してみよう)と決めたら、

今度は、ドミノのきもちがよく分かるように。笑

『とっくに準備はできてるよ!』

『こちらこそ、ぜひお願いします。』

『いよいよ始動だね〜』

 

指も、ドミノも、自分の中にある。

まずは、並べる勇気。

つぎに、押す勇気。

そして、倒れる勇気。

それを、遊び尽くす勇気。

なんといっても、楽しむ勇気。

なんどでも、やり直す勇気。

よっしゃあ。

Happy Birthday to Me!

image

めでたく、歳を重ねました。

 

今朝は、

地元の、生まれた時から来ている神社を訪れ、

手を合わせる。

いのちを与えてくださったことの感謝を込めて。

今日まで重ねることができた人生経験に、感謝を込めて。

与えられたいのちとその役割を果たすことへの、誓いを込めて。

また一歩ずつ。

 

そういえば、

節目だし、と、おみくじを引いたら、

今年のお正月に引いたのとまったく同じおみくじを当てた。

大吉で、でもそんなことすっかり忘れてたのに。

はじめ、気づかずに、

しばらく黙々読んでみて「あれ?」と気づく。

 

お正月にこれを引いたときも、

一瞬は嬉しくなったけど

なんだかんだで仕事忙しくて、

先もあまり読めずで、どんより気持ちが重くて、

あまりその時はピンときてなかったんだよなたしか。

本人はそんなに順調ではない(気がする)のに、まったく問題なしです!と言われたような気分で。

 

でも今日、冬の日々をしっかり終えて、

改めて「順調ですね〜」と神様に肩ポンして頂いた気分。

大きな視点で捉えると、なんだかんだちゃんと軌道に乗ってるし心配ないよということだったんだなあ。深い。

 

Road to 2017、ずんずん進むぞ。

一点の迷いなし。

 

 

 

春ですね

image

いま、春が来ている。

 

春、にぎやかでいいね。

世界が、いのちに溢れている。

木々も花々も人々も、わいわいと声をあげている。

 

いつも歩いている、石畳の道にて。

なんだかいつもと色合いが違うなあと感じて、

この感覚はなんでだろう、と少し味わってみた。

すると

石の合間から雑草がにょきにょき出ていて

道に瑞々しさを添えている、ということに気づく。

そんな光景を前にして

(正確には自分のこの一瞬の心の動きに対して)

この季節のテーマは「発見」なのかもしれないなあ

というインスピレーションが、じわじわと。

 

 

発見したり、気づきを得たりするテーマやその内容は

人によって様々なのだろうけれど、

概して、

この季節、わたしたちは、なんらかの発見や気づきなどを得やすい体質になっているのかもしれない。

車窓から「あ、あそこにも桜の木があるんだ」とか

道すがら「こんなところにタンポポが」とか

自然界において “気づかされる”瞬間が多い時期だから、

他の場面でも “気づかされる”ような出来事が、夏秋冬よりはちょっぴり多めな気がする。

 

 

言い換えれば、

この春という季節のもつエネルギーを

そのまままるっと受けとめて、自然体で過ごしていれば、

何かが生まれること。

何かが芽吹くこと。

何かが変わり行くこと。

何かが進むこと。

そんな方向を自然に向くし、味わされるという感じなのかな。

 

大地が、いのちの力に満ちている時期だから、

そこに立って生かされている私たちも同じような性質になり

新たに始めること、

次の一手一歩のヒントを得ること、

静(冬)から動(夏)に向けてシフト(春)すること、

膠着した関係や事象がなんら進展を見せること、

「なんだそういうことだったのか」と気づきを得ること、

などなどが起こりやすくなるんだろうなあと。

まあわたしが春生まれなので、

そんな風に活気づくことを人一倍感じるのかもしれませんが。

 

ついでに、最近の私が気づいたことをメモがてら。

気づいたというか、忙殺の日々ですっかり抜けていたものの改めて思い出したこと。

それは

なにげなく自明のこととして受けとめている

なんでもないようなこと、

それらは、実は、とてもかけがえのない一瞬であり一場面であるということ。

そして、それを見過ごすか、味わうかは、自分の選択次第ということ。

世界はいつもシンプルで、ただそこに在り、どう見るかどう感じるかはすべて自分が選択しているということ。

ごちゃごちゃ考えることもありだけど、結局は、ぐるっと一周まわると世界も自分も一瞬一瞬がシンプルでよいということ。

 

お風呂上がりに飲む、水の美味しさ。

生まれたときから今まで見守ってくれている、両親。

誕生日には「一歳」年をとること。

街の至る所で、いつもはそっと息吹いている桜の木。

春になると一気に花を咲かせて、「あ、見つかっちゃった?」と少し恥ずかしそうにでも嬉しそうに今日も生きている桜の木。

毎晩身体を横たえて休息をとり、次の朝目覚めること。

……

なんでもないようなことは、

それは、実は、もうそれだけで十分に「ある」ということ。

愛を湛えて、そこに始めからあったということ。

世界はいつも完全であり、わたしたちも完全なるものの一部なんだということ。

あとはそれに気づくだけでよいということ。

 

発見、気づき、自覚。

実感、経験、いのち。

始まり、喜び、感謝。

 

冬が長すぎた(仕事忙しくて心がどこか凍ってた)だけに今年の春は静かに愛でてるんだけど、そんなこんなで、なんだかいつもとまた違う感覚だなあ。

まあ多分これが、今年の春のわたしの「発見」とか「気づき」なんだろうとは薄々。

はーー

春、たけなわですね。

2016年度もよろしくお願いします。(挨拶好き)

 

今日のひとこと:

うーん

久しぶりに書いたら、なんだかいろいろ出てきた。笑

やっぱり書くのは楽しいし力になるし、

なんでか分からないけどなにより幸せだなあ。(大の字)