カテゴリー別アーカイブ: Memorable moment_かけがえのない瞬間

春ですね

image

いま、春が来ている。

 

春、にぎやかでいいね。

世界が、いのちに溢れている。

木々も花々も人々も、わいわいと声をあげている。

 

いつも歩いている、石畳の道にて。

なんだかいつもと色合いが違うなあと感じて、

この感覚はなんでだろう、と少し味わってみた。

すると

石の合間から雑草がにょきにょき出ていて

道に瑞々しさを添えている、ということに気づく。

そんな光景を前にして

(正確には自分のこの一瞬の心の動きに対して)

この季節のテーマは「発見」なのかもしれないなあ

というインスピレーションが、じわじわと。

 

 

発見したり、気づきを得たりするテーマやその内容は

人によって様々なのだろうけれど、

概して、

この季節、わたしたちは、なんらかの発見や気づきなどを得やすい体質になっているのかもしれない。

車窓から「あ、あそこにも桜の木があるんだ」とか

道すがら「こんなところにタンポポが」とか

自然界において “気づかされる”瞬間が多い時期だから、

他の場面でも “気づかされる”ような出来事が、夏秋冬よりはちょっぴり多めな気がする。

 

 

言い換えれば、

この春という季節のもつエネルギーを

そのまままるっと受けとめて、自然体で過ごしていれば、

何かが生まれること。

何かが芽吹くこと。

何かが変わり行くこと。

何かが進むこと。

そんな方向を自然に向くし、味わされるという感じなのかな。

 

大地が、いのちの力に満ちている時期だから、

そこに立って生かされている私たちも同じような性質になり

新たに始めること、

次の一手一歩のヒントを得ること、

静(冬)から動(夏)に向けてシフト(春)すること、

膠着した関係や事象がなんら進展を見せること、

「なんだそういうことだったのか」と気づきを得ること、

などなどが起こりやすくなるんだろうなあと。

まあわたしが春生まれなので、

そんな風に活気づくことを人一倍感じるのかもしれませんが。

 

ついでに、最近の私が気づいたことをメモがてら。

気づいたというか、忙殺の日々ですっかり抜けていたものの改めて思い出したこと。

それは

なにげなく自明のこととして受けとめている

なんでもないようなこと、

それらは、実は、とてもかけがえのない一瞬であり一場面であるということ。

そして、それを見過ごすか、味わうかは、自分の選択次第ということ。

世界はいつもシンプルで、ただそこに在り、どう見るかどう感じるかはすべて自分が選択しているということ。

ごちゃごちゃ考えることもありだけど、結局は、ぐるっと一周まわると世界も自分も一瞬一瞬がシンプルでよいということ。

 

お風呂上がりに飲む、水の美味しさ。

生まれたときから今まで見守ってくれている、両親。

誕生日には「一歳」年をとること。

街の至る所で、いつもはそっと息吹いている桜の木。

春になると一気に花を咲かせて、「あ、見つかっちゃった?」と少し恥ずかしそうにでも嬉しそうに今日も生きている桜の木。

毎晩身体を横たえて休息をとり、次の朝目覚めること。

……

なんでもないようなことは、

それは、実は、もうそれだけで十分に「ある」ということ。

愛を湛えて、そこに始めからあったということ。

世界はいつも完全であり、わたしたちも完全なるものの一部なんだということ。

あとはそれに気づくだけでよいということ。

 

発見、気づき、自覚。

実感、経験、いのち。

始まり、喜び、感謝。

 

冬が長すぎた(仕事忙しくて心がどこか凍ってた)だけに今年の春は静かに愛でてるんだけど、そんなこんなで、なんだかいつもとまた違う感覚だなあ。

まあ多分これが、今年の春のわたしの「発見」とか「気づき」なんだろうとは薄々。

はーー

春、たけなわですね。

2016年度もよろしくお願いします。(挨拶好き)

 

今日のひとこと:

うーん

久しぶりに書いたら、なんだかいろいろ出てきた。笑

やっぱり書くのは楽しいし力になるし、

なんでか分からないけどなにより幸せだなあ。(大の字)

 

こんな私でいい。

panda

ちまたの、オシャレなブログみたく、

セクシーで可愛い女の子の写真でも使おうかと思いつつ、

毎度こういうのに落ち着く。

かわいいねパンダ。

うれしそうパンダ。

 

今がいい、今でいい。

私がいい、私でいい。

こんな今がいい、こんな今でいい。

こんな私がいい、こんな私でいい。

 

『人を好きになるには、まず自分を好きになる』

『周囲のひとを大切にできるのは、自分を大切にできているひと』

とか耳にすると、

まあそりゃそうだよな〜と思いつつ、

どこかで、

いや、なんかそれめんどくさいわ(大の字)

とひっくり返りたくなる。

 

いまのわたしは、

べつに、自分のことを好きになれなくていいと思う。

もともと好きならそれでいいけど、

なんか好きでないなら、それは無理して好きになる必要はない。

 

1年前のわたしは、

やっぱり、ひとは、自分のことは好きにならないとと思っていた人間だけど。

でもぶっちゃけ、なんか、自分のこと好きになれないならそれはそれでいいかもね、と思える今のほうが、本音で生きられるようになってきたような。

うん、べつに、自分のこと大好きにならなくてもいい。

わたし自身、

5年前のいまと比べると、

もう自分のこと大好き!ついでにまわりも好き!

とは思えなくなってるんだけど

ふしぎと、自分のことを無条件に好きではない今のほうが、気持ちが山のように落ち着いている。笑

好きでない自分の一部も抱えながら、でもやっぱりけっこう好きかもな、ぐらいの淡々とした感覚が不思議と心地よいというか。

 

へんなたとえで申し訳ないけど、

好きでないナスを、『美味しい!』と偽って食べる必要はない。

小学生の頃、

うーん好きになれないなあと思いながら、

それでも母が大好物なので、食卓に並び続けるナス。

昨日見たばかりなのに、また会ってしまうナス。

笑いながら、でも割と本気で、もう見たくない〜と思うぐらいには苦手に。笑

そうして月日は流れ。

ある日、身体に異変が。

それは、「ナス、食べたい」という欲求。

ええええなんでだ。

戸惑いながら、食べてみると、たしかに美味しい。

食べたくなる日が突然くる。

キライを克服したのではなく、

スキな気持ちが、苦手を上回る瞬間がある。

 

ナスに限らず、自分のことについてもきっと同じ。

好きになれないなあと思いつつ、

好きになろうとするのは苦しい。

自分が苦手なことがあって、うまく出来ないときも同じ。

うまくやれないなあと思いつつ、

なんとかしようと頑張るのは苦しい。

 

なぜ苦しいか?

それは、

「できない」「やれない」というきもちと、

「ならなきゃ」「やらなきゃ」というきもちを、

同時に回しているから。

 

だから、いっぺん、預ける。

「やっぱりナス、そんなに美味しいと思えないよねうん」

と割り切ったように、

「ああそうか、わたしは自分のこういうところ好きになれないんだな。了解。」

「うん、自分のこういう態度、どうにかしたいと思っているんだな。おっけー。」

「できない」「やれない」、そんなきもちをいっぺん受けとめて、了解!オッケー!としてみる。

預ける、といったけど、

諦める、観念する、という感じにも近いかもしれない。

ナス、無理だわ、と静かに箸を置いたときのように。笑

開き直り、ともいえるのかな。

 

そうして、

「じゃあ、どうしようか」

「さて、なにしよっか」

そんな感じで、次の行動に目を向けてみる。

感情をいっぺん受けとめているから、

懲りない自分を楽しむ感覚に変わるというか。

 

まずは、浮かんだ感情を素直に広げ、見つめ、受けとめ。

一呼吸おいて、

なにができるかな、と見渡してみる。

もちろん、

感情を認めるのに時間がかかることもあるだろう。

しばらくはうずくまってたっていい。

むりして、手を伸ばす必要もない。

でも、いつか立って、歩きたくなるときはかならずくるから。

 

「なんだ、こんな私でいいんだな」

そう思えると、そんな自分に、素直に『ありがとう』と言いたくなるから不思議だねえ。

 

今日のひとこと:

この、感情を認めるお手伝いをするのがカウンセリング、

立って歩きたくなるお手伝いをするのがコーチング、

そういうことなのかなあと、今なんとなく少し掴めたような。

 

 

うれしはずかし化学反応


image

ここのところ、なんとも言えない仕事量に閉口中。

日夜だまって仕事、せっせっせー(民謡)

 

そんな折、うれしいお便りをいただく。

秋に、特別講師として登壇した授業の学生さんたちの最終レポート。

トータル405枚!

肢体不自由の方のバリアフリー、

視覚障がい者のバリアフリー、

そして聴覚障がい者のバリアフリー。

「もの」や「情報」など対象はさまざまだけど、

生活に役立つデザインを勉強されている方たち。

そんな彼らが、後期の講義を通じて学んだことをもとに、上記3テーマから1つ選び、自分のアイディアをまとめたレポートを担当の先生が共有してくださったのだけど、もうもう圧巻だった。もうもう。(牛)

 

マツコデラックス、マスクの人、車内放送、朝はスマホのバイブで起きる、仕事の会議、沖縄旅行のガイドさん、音楽をきく、、

わたしが耳がきこえない当事者として、授業のなかでなにげなく伝えたこれらのキーワード。

一部、意味不明のもあるけど。

あれからまだ2ヶ月ぐらい。

でも、学生さんたちのなかで、たしかに化学反応は起こっていた。

「こんな場面で不自由を感じてます」といった大小さまざまな不便から、「きこえないけど、けっこうこれ好きなんです」という、制限はあるものの自分なりに楽しんでいることまで。

聴覚障がいの不自由さはコミュニケーションに端を発するものが多いし、目に見えないハンディキャップだからどこまで伝わるだろうか、と半ば願いながら伝えたことを、ちゃんと受けとめてくれていて。

「もっときこえない人も音楽をたのしめるように」

「こんな場面での補助になれば」

「こうやって関わることが、支援につながるかも」

と一人ひとり、一生懸命考えてまとめてくれた感じが伝わってきて、胸が熱くなった。

 

なにげなく伝えたことが、思いがけない反応になって返ってきて。

ひいては、この中から将来実用化されたり、社会的政策の支援のヒントになったり、そういう新たな反応につながるものもあるかもしれない。

うれしはずかし、化学反応。

いつもは、社員のみなさんが化学反応が起こせるような「場」をつくり周辺からサポートする立場なのだけど、今回は思いがけず化学反応を起こすきっかけを直接授ける立場にもなれる自分に気づかせてもらった。ありがとうございます。

レクチャーはわたしも楽しかったからなあ。

自分がわくわくするものは、そのあと生み出すエネルギーもやっぱり大きいのかなあ。

うれしたのしい、化学反応。

 

Road to 2017

DSC00028

2016年がくる。

 

「Road to 2017」

 

2016年は、その先の未来に向けて、悔いのないように淡々と着々と動く。

わたしにとっての2016年は、そんな年になりそう。

 

写真は、

この12月に訪れた、オーストラリア・ロットネスト島での一コマ。

バイク(自転車)をレンタルして、島をひた走った。

平地では、ギアを上げてぎんぎんに漕ぎ、

下り坂では、わっほーと解放感に浸りながら風まかせに泳ぎ、

上り坂では、ぜーぜー言いながらなんとか登ろうとするもあえなく断念し、

とぼとぼとバイクをおして無言で進む。

 

どこまでも青い空と、

どこまでも続く道と、

その先に見える穏やかな海。

 

太陽のにおいと、

土のにおいと、

あと、

自分のにおい。笑

 

別にわたしがとんでもなく汗くさいわけではなく(そりゃそうだ)。

なんていうか、

自分の息づかいというか、

からだのあたたかさとか

そのど真ん中にある自分のこころとか

今この瞬間のいのちの鼓動とか

そういうものをひっくるめた、におい。

を嗅いだ気がする。

 

久しぶりに、太陽のしたで思いっきりはしゃいだな。

向こうは真夏だから、日焼け止め塗り忘れたところは焦げた。

 

しかし、予定では、島を一周するはずが、

道を間違えて同じところをぐるぐるして、

なぜか、見事にはじめのスタート地点に戻り。笑

 

でもそこから仕切り直して向かった、

灯台のてっぺんからみた景色やその道が

これまで見たこともない彩りの世界で。

千と千尋の神隠し、の一場面をちょっと思い出したりもした。

DSC00046

DSC00040

 

 

急がば回れ、てことだね。(ちがう)

 

で、漕ぎ疲れてゼーゼー言いながらも

島の景色をうっとり眺めていると、

灯台でお会いした観光ボランティアのおじいさんおばあさんの乗った

オープンカーに、あっという間に追い抜かれるという。

DSC00051

あっさりと抜かれたの図。笑

 

抜きながら、ボランティアのおばあちゃんは

「あらまああああ、がんばってねえええ」(ニュアンス)

と楽しそうに手を振ってくれて。

世界のどこでも、おばあちゃんってわりと元気でいいなあ。

 

1日、1年、その積み重ねが、描く未来に確実につながっている。

自分が決めた道を、もう走っている。

自分の想いと力で、走っていく。

無心に、ただひた走る。

 

そんなビジョンと実感をもらえた

ロットネスト島での一コマでした。

 

Now I’m on my road to 2017 !!

今度は、どんな旅がはじまるのだろう。(どきどき)

つぎは、どんな出会いがあるんだろう。(わくわく)

 

DSC00075