タグ別アーカイブ: 安室奈美恵さん

“Finally”

 

  Finally, I can stop dreaming

  願い続けた日が ついに今スタートを切ったの

  Finally, I can stop wishing

  モノクロの世界が この瞬間 色づいていく

 

  いまここに立つステージで

  新しいストーリーがはじまる

 

 

 

安室奈美恵さん。

 

10代の頃、歌番組で踊る姿をみて

わーきもちよさそう!

わたしもこんな風に踊りたい!

とダンスを始めたんだっけ。

 

最近もなお、

ダンス好きなんですよ、最近は踊る場もないけど

という会話での

 

どんなダンスなんですか?

という問いかけには

 

そうですね、いろいろやりましたけど

特に好きなのは安室奈美恵さんのような感じ。

とすぐ答えるぐらいには

 

安室さんは

わたしのダンスライフには欠かせない存在で。

ぬふふふふ(楽しそう)

 

彼女が、自らの引退について語った

先日のNHKドキュメントで

個人的に印象に残った場面。

 

ドアの話。

 

20代後半頃

歌う自分がよく分からなくなった時期に、

求められている自分

こうあるべき自分

最適解の自分

そんな自分像を一生懸命考えて

道をつくろうとしていたという。

 

でもそうして開けに行った扉は

ことごとく

どれも外れていて。

 

そして

いろんなアーティストさんとコラボしたり

これまでやらなかった

新しい取組みをしながらもがく中、

 

あれそうか

自分が心から楽しむことを忘れていたんだ

自分が楽しいことを胸張ってやればいいんだ

という気づきを得たとき、

 

ドアは目の前に現れて。

 

そこからは

鍵なしですーっと、

次のステージに向かえたのだという。

 

自分が心から楽しいと思えることを、

胸を張って楽しむ。幸せを味わう。

 

生きること、進むことの原点なんですねこれ。

 

単純に比較できるものでもないけれど、

私自身の

ここ数年の沈んでいたきもちと

何が大切なんだろうかと思索し続けた日々と。

そして、

「ああわたしは、やっぱりこれが好きだ」

と心底好きなことにようやく気づき

全身が満たされたことと重なり、

胸がいっぱいになる。

 

 

そして、今度の引退を

「ひとつの通過点」

「終わりがあれば、はじまりがある」

と表現する彼女の表情が

またすがすがしく美しくて。

 

冒頭にも載せた「Finally」の曲中

こんな歌詞がある。

 

  守るものがあるから 信じてゆける

  希望あふれる 未知の世界へ

  胸を張って すべて感じたいから

  眩しく煌めく明日へ Finally

 

 

自分が大切にしたいことを

胸を張って好きだと言い、

背筋を伸ばして

でも力は抜いて軽やかに前へ。

ひとつのピリオドを打ち、

新しいストーリーを始めるために。

 

美しい歌だし、

安室さんが歌うから心に響くなあとつくづく。

ただでさえしみじみする季節なのに、

しみじみしすぎてる。

 

 

しかし、なんとも美しい40歳。

こんな風にキュートに

歳重ねたいものだわ。

 

久しぶりに、髪伸ばそうかな。

まずは前髪伸ばそう。(気長)