タグ別アーカイブ:

むすんでひらいた。

視線の先、

少し遠くの里山。

 

木々に新芽が出て、

もふもふと風に揺れている。

 

視線の先、

見上げた空の手前の桜。

 

風が運ぶ他の桜の花びらを浴びつつ、

今を盛りにもふもふ揺れる八重桜。

 

眺めるしあわせ。

見上げるしあわせ。

浴びるしあわせ。

 

うーん春爛漫。(ごきげん)

 

冬のあいだ、

ぎゅっと閉じていた木々や花が

ふわっと開く春。

 

そんな素敵な

いのちを解き放つ姿を前に、

「むすんでひらいて」

ということばがふと思い浮かぶ。

 

 

 

以前に書いた、心のボール

 

ぎゅっと閉じていたいのちを、

ぎゅっと結んでいたきもちを、

少しずつゆるめて、

解き放つ。

 

 

春のやわらかな土に

むずむずと揺り動かされて

春のふくよかな風に

ゆらゆらとほぐされて

 

季節の力を借りながら、

わたしたちもみんな何かを脱ぎ捨てる。

 

春だから、脱いで開いて軽くなる。

自然の摂理に自分を沿わせてみる、

うんいいね!(親指)